@BEAR_cpをフォロー
07


1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31


09

CSOクラン、チャック開放同盟 
--/--/--(--) --:-- スポンサーサイト スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/03/23(金) 14:21 KANA レビュー レビュー
kanaが到着したので、マウスパッドはQCKのみですが
軽く使用感を書いておきます。
400cpi,ポーリングレート1,000で試してみた。

一番最初に感じたのは、IMOの代わりになるピッタリなマウス。
手に持った時の大きさ(IMOより若干短い)、軽さ、ボタン配置、クリック感
どれもIMOって感じです。

詳細なスペックは公式HPでチェックしてくれ。
【外観】
表面はラバーコートされているので滑りにくい。
サイドは、ボタンのみラバーコート ボタンから下の部分はプラスチック。
ただしツルツルのプラスチックじゃなくて、表面に細かな凹みがある。

【大きさ】ほぼIMOです。
写真をクリックで拡大表示
大きさ
裏面
裏面
比較動画


【直線補正】補正効いてます。そんなにキツイとは思いません。
kinzu v2と同程度かな。
はじめにIMO、2枚目がKANA
IMO
imo無題

KANA
補正

【参考】
コードは布巻き 柄がついてる。
コード

【クリック感】
右クリック、左クリック共に軽いです。IMOより若干。
参考に、kinzu v2はクリックする場所によって、クリックの重さ、硬さが違うんだ。
先の方なら、IMOやKANAと同じくらい。少しマウスのおしり側でクリックすると硬い
KANAはその軽いスポットが広いと言えばいいのだろうか。


センターホイールは、IMOはコロコロさせるといかにも「誤爆するぜ!」
って感じでしたが、KANAはそこをしっかり目に改善しています。
ECシリーズみたいに固くは無いです。
BEARはホイール下にジャンプをバインドしているのですが、1回突然ジャンプしました。
まーよくあるアレですわ。想定内です。

ノッチの幅(コロコロの感覚といえばいいのか)は、IMOに近いです。

サイドボタンの場所も形もIMOなのですが、ボタンの周りに溝があり
ボタンの位置が感覚的にわかります。クリック感は普通です。
誤爆する位置には無いので良好だと思います。

【センサー】
使い込んでみないとわかりませんが、ゆっくり動かしても
早く動かしてもきちんと付いてきました。
QCK以外のマウスパッドとの相性は追って書きますね。
つっても飛燕VEしか持ってねーけどw

【調整機能】
CPIの調整が400刻み、ここをもっと細かく調整できたらなぁ。
ポーリングレートもいじれるんですが、後日。
あと、LEDの感度調整ってのがあるんだけど、意味がわかりません。
リフトオフディスタンスのことかな。これも後日調べてみる。

【BEAR的結論】
特にダメだしするところのないマウスです。
というか、今日の時点では良いマウスです。
俺がKANAをオススメするとして、kinzu v2より決定的にオススメするポイントは
クリックが軽くていいぞ!です。
大きさは好みによるし、軽さはそう変わらない。サイドボタンなんて飾りです。

kinzu v2を使っていて、時々クリックの硬さが気になっていました。
マウスの先の方をクリックすれば軽いんだけど、だんだん持ってる場所がずれると
「あれ?クリック硬い」ってなるんだ。
小さめのマウスでこの軽さ、このクリック感。俺はkinzu v2に戻れるだろうか…。




追記
ポーリングレートの調整は、125、250、500、1000の4択
LEDの調整ってのは、ホイール部分の光具合(見た目だけ)の調整。
例えば、設定1の時は光らせて、設定2の時は消灯みたいな使い方。
2時間プレイ、ホイールダウンにジャンプをバインドしているが、1度勝手にジャンプ。
スイッチがきっちり戻っていなかったため。想定内です。

追記
家に帰ってきて飛燕VEで動かしてみました。
特に問題なく動いています。
もう少し慣れればしっくりくると思う。
スポンサーサイト
コメント:7  トラックバック:0
2012/03/11(日) 12:23 ATH-A900X FPS レビュー レビュー
ATH-A900Xが到着しました。
ATH-AD500との比較を書いておきたいと思う。
高級そうな箱に入っていて「うふっ」って感じです。でも素材はダンボールorz

使用の用途は、音楽とゲーム(おもにFPS)。
使用環境は、win7 64ビット、Sound Blaster X-Fi XtremeGamer、それにATH-A900Xをつないでいます。

Sound Blaster のイコライザー設定は、イコライザーの記事参照。

以下すべてATH-AD500と比較した個人的感想です。
【外観】
密閉形、イヤー部分にも可動部がある。コードは布巻きで非常に柔らかい。

【つけ心地】
締め付けはキツイ!これはちょっと疲れる。俺の頭は小さめです。
イヤーパッドはフカフカで良好。メガネ装着時でも大丈夫でした。
蒸れてきます。
AD-500のほうが疲れない。
【高音】
突き刺さるような感覚もなく良好。
AD500は高音が広がる感覚。

【低音】
高音とのバランスもよく感じます。低音のパワーに余力を感じます。

【音漏れ】
オープンエアー型と比べると雲泥の差、音漏れしにくいです。ヘッドホンの音が漏れて
マイクで拾っている人は密閉型のヘッドホンを買いましょう。
自分の話している声も聞き取りにくくなるので、自分のボイスチャットの声が大きくなるかも。

【ゲーム】
AD500の感覚は、低音が少ないのか、乾いた音、カラッとした音。同じ音量でも音が大きく聞こえる。
AD900Xは、まとまりのある音。どちらも足音、銃声等問題なく聞こえます。慣れの問題?
ちなみに、Panasonic ステレオインサイドホン RP-HJE150を持っているので試してみたけれどダメ。低音スッカスカ。イヤホンはダメ。

次に、サウンドボードをOFFにして試したところ、ヘッドホン以前に「初期音のショボさ」のため
話しにならない。サウンドボードを持っていない人は、先にサウンドボードを買うことをススメます。
素人でもわかるくらいに、音の質が全く違う。

オフラインの大会に出る人ならRecon3D SB-R3D-USBなんかどうでしょう。持ち運びできて、自宅と同じ音が出るアドバンテージは大きいと思う。

【まとめ】
1万円前半の予算で、FPSがプレーできて、音漏れしにくいヘッドホンを探しているなら失敗はないと思う。
音漏れしてもいい、もっと安く、足音が聴き取れれば良い、って言うならAD500で十分。
AD500も決して悪い商品じゃない。AD500が、6000円台で買えるなら十分あり。

クドイようだが、ヘッドホンより先にサウンドボードを買わないと意味が無いです。
持ち運ばないならPCIe Sound Blaster Recon3D SB-R3D
持ち運びたいならUSB接続 Sound Blaster Recon3D SB-R3D-USB
このあたりでしょうか。
もちろんボイスチャットをするのなら、別でマイクを購入してください。
過去に書いたヘッドホンとマイクの記事ココ←でも参考にしてください。
コメント:0  トラックバック:0
2012/02/24(金) 18:34 kinzu v2 レビュー レビュー
下手の道具調べBEARです。
「俺が下手なのは道具が悪いから」と言い聞かせないと
BEAR即引退やろ。言わせんな^^

3時間ほど使用したレビューです。
追加があれば、この記事の最後に追加していきます。

先に結論。
小型で軽い!サイドボタンはないけど、
先代kinzuの加速がなくなり最高に良好です。
「先代kinzuの加速は切れる」とか言ってないで
買いなおすべき。



【コード】
布巻き、簡単に癖をつけれるのでGOOD。

【重さ】
正式な重さはメーカーに書いてある。ここでは実際に持った感じを書いておきます。
IMOと同じくらい。微妙に重いくらい。EC2より絶対に軽い!

【大きさ】
IMOとの比較写真 写真をクリックすると拡大表示
上から kinzu v2少し短い
持った感じ縦の短さよりも、横幅の小ささがわかる。
2012022417030000.jpg

横から kinzu v2がやや低い 低いおかげで手の中にすっぽり納まる。
手のひらにマウスの背中が付きませんでした。
2012022417050000.jpg

【直線補正】
補正入ってます。それほどきつい補正とは思いません。EC2より弱い。
俺的にはうれしかった。
imo無題

kinzu v2無題

【クリック】
左右ともにしっかりしたクリック感です。硬いとは思わない。
IMOよりも少し軽い、EC2より硬い。ただし、マウスの先の方をクリックしないとダメ。
クリックする位置がずれると固く感じる。

【ホイール】
細かいノッチでスムース。IMOの様な大きな感覚ではない。
EC2のように硬くない。
誤爆しにくそう。今のところ誤爆無し。
ただし、1ノッチづつ操作するには若干シビア。

【センサー】
ちゃんと浮かせてあげればカーソルが切れます。
ぶんぶん振り回しても、ゆっくり動かしても、変な挙動は確認できませんでした。
マウスカーソルは、ちゃんと付いてくるし、ブルブル震えたりしてない。

【ソール】
よくすべる。問題ない。

【調整機能】
メーカーHPからドライバをDLすれば調整できる。
左利きの人用に左右入れ替え機能。
記憶させた設定をゲームごとに運用できる機能?。
マクロ機能、各レートの調整機能があります。

各レートの調整機能だけを紹介しておきます。
無題
CPIは、400、800、1600、3200からの4択
数字を1単位で入れることができるが、受け付けてくれない。
(低価格商品のため差別されている模様)
ポーリングレートは、125、250、500、1000からの4択

俺は、CPI400、ポーリングレート1000、ウインドウズセンシ6/11
CSのセンシが3.2で使用しています。

【持った感じ】
IMOでかぶせ持ちですが、kinzu v2は小さいので
ガバっと持つと薬指と小指がマウスパッドに付いちゃう。
画像参照
2012022417070000.jpg

2012022417080000.jpg



対策として、薬指を右クリックボタン横端に置くと
自然に小指も収まります。
画像参照
2012022417100000.jpg

以上になります。

やっとできた、おトイレ我慢していたので言ってきます=3

追記 h24.2.25
マウスパットの相性 QCK、飛燕ソフトバリューバージョン、相性問題は何も起こっていません。
追記 h24.3.2
G300と比較するなら過去記事を参考に。
俺個人としては、サイドボタンが要らない派ならkinzu v2が無難かな。
なんせG300の形は持ってみないと合うかわからないので…。 

追記
ホイールのことを追加します。
ノッチが細かいので、使用しているとたまにスイッチがカチッと入っていなくて、
割り当てた動作を勝手にする時があります。俺の場合は、いきなりジャンプw
ホイール下にジャンプを割り当てているため。IMOより遥かにマシなレベルね。

追記
クリックする場所によって、クリック感が結構変わります。
先なら軽いし、少しマウスのおしりの方なら硬い?重い?です。
十分使えるレベルですけど。
コメント:2  トラックバック:0
2011/10/24(月) 00:00 Logicool Gaming Mouse G300 レビュー レビュー
Logicool Gaming Mouse G300が到着。
g300.jpg
早速使用感なんかをレビューします。

先に結論を言いますと、「大きさ」「持ち方」さえ合えば、コスパ最高!なマウスです。
ボタンもいっぱいあって、わりと細かい調整も出来る! 流行りのLEDでサイドが光る!
LEDは、直接目に入ってこないので眩しくない。完成度高いです。
小さめのマウスを探しているのならオススメ。

【全体】
製品スペック表
小さめのマウスです。EC2、IMO、kinzu辺りを使っているなら同程度。
重さは、EC2より軽く感じたけれど、IMOよりは重い。
見た目は安っぽくはないです。

【ボタン】
右クリック、左クリック共に軽い。
サイドボタンのクリック感はしっかりしている。誤爆もないです。
このサイドボタンは、親指で押すのではなく、『人差し指、中指』を少しずらして押します。
右側の下のボタンが若干押しづらいかな。あとはスッと押せます。
マウス中央のボタンも誤爆してません。

【ホイール】
IE3.0よりはしっかりしているものの、甘さを感じます。
今のところ問題はありませんが、使い込んでいった時の挙動が気になる。

【コード】
ビニール巻き、決して柔らかいとは言えませんが、OKでしょう。
長さは十分。

【掴み心地】
かぶせ持ち、ツマミ持ち共にしっくりきます。
2011102323580000.jpg

ただし、「中指でホイール、薬指で右クリック」をするプレーヤーには
オススメしない。↓こんな感じ
2011102323570000.jpg
俺の持ち方がそれなんだけど、狭い!無理!
両サイドの溝が深いので見た目よりも小さく感じた。
サイドにラバーが貼ってあるのですべらない。

【センサー】
激しく振ってもしっかりついてきます。ゆっくり動かしても問題ない。
QCKと飛燕ソフトバリューエディションで動かしました。
直線補正は無いです。加速もしませんでした。

【ソール】
よく滑る。問題ない。

【調整機能】
調整ソフトは、logicoolのサイトからDLします。
割と細かく調整できる。この値段でここまで調整できれば文句ない。

【感想】
俺の場合、持ち方を矯正しなくちゃいけないのが…。
kinzuの挙動より素直で、良い感じ。
EC2がもっと軽いと最高なんだけど。kinzu引退させて、EC2とG300で安定しそうかな???
EC2の半額の値段でここまで出来るのはマジ凄い。EC2が高いだけか…。
俺はLogicoolの良心とガチ度を猛烈に感じたわ。宣伝がイマイチなので損してるように思う。

最後に光っておられるG300さんのご勇姿
G300-1.jpg



コメント:4  トラックバック:0
2011/06/09(木) 17:44 EC2 レビュー レビュー
EC2の使用感とIMOとの比較を書きます。
右手用マウスです。
表面はラバー加工がしてあるので、汗で滑ることはないでしょう。
サイドは、プラスチックなので少し不安。何か貼ればok。

長さはIMOより少し短いです。つまみ持ちだと
長いマウスは上下の移動が窮屈なんだ。
IMOで問題ない人は、EC2でも問題ないと思う。
ただ気になる程度の重さ…。振り回してるとやっぱり重い。
2011060917500000.jpg

幅もIMOと同じくらいで、持った感じの違和感は感じなかった。
2011060917510000.jpg

厚みもつまみ持ちで、手のひらにべったりつかない。IMOと同じくらい。
2011060917530000.jpg

裏面の面積もしっかりあるので、安定してます。
2011060917550000.jpg

直線補正の効き具合は下の画像で見てね。
これが好みかどうかは各自判断してほしい。
俺は気に入りました。KINZUと同じ程度と思う。

↓IMOで適当に線を引いてみた。
imo.jpg

↓EC2で適当に線を引いてみた。
ec2.jpg

スイッチ類の使用感を書いてみます。

マウスホイールは、結構硬いです。IMOのホイールの硬さを1とするなら
2~3位の硬さです。誤爆もなさそう。非常にいいとおもう。

サイドボタンは、左に2個ついてます。
硬さは、IMOが1に対して、1.5位です。全く問題ありません。
つまみ持ちだと、サイドボタンの先端側は指が届かないです。

左右のクリックは、同じ硬さだと感じます。
IMOのクリックが1に対して、EC2は0.5くらいに感じます。
少しの力でクリックできるので、強力な武器になるんじゃないでしょうか。

ソールの滑りは、IMOが1に対し、EC2が0.7位の力で
動かせます。良い滑りだと思います。

コードは、ラバーです。でも非常に柔らかい。
IMOのコードの硬さの半分くらいです。
取り回しが楽で非常に気に入りました。

耐久性に関しては、追加でレポートしたいと思います。

俺の感想:いいマウスだとおもう。重ささえ気にならなければ…。


コメント:4  トラックバック:0
 Home  NextPage




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。